鉄道模型Nゲージのジオラマ

ジオラマ

鉄道模型はおもちゃと思っている方もいるでしょうが、年齢関係なく全世界で愛されているホビーです。鉄道となじみの深い欧米では趣味の王様として人気があります。外国ではHOゲージが主流ですが、日本ではNゲージが一番普及しています。Nゲージはレールの幅が9mmで、スケールは1/148から1/160のサイズになっています。Nゲージではほとんどの車両はカーブがきつくても、走行できるのでわりと狭いスペースでも楽しむことができるので、ジオラマを製作しやすいのが特徴です。

このジオラマ製作が鉄道模型の大きな楽しみになっていて、木材や発泡材を下地にしてその上に石膏やスポンジパウダーなどを利用して、臨場感あふれる風景を作り出すことができます。山やトンネル、川などの地形を作ったり、自動で遮断機が作動する踏切や信号機などを設置すれば実際の鉄道と変わらない風景が楽しめます。

初心者でも作れるように専門の教室やセミナーもあるので、楽しみながら製作することができます。また部屋にスペースがなく製作できなくても床の上に線路を引いて、駅や踏切を設置して走らせればお座敷ジオラマとして楽しむことができます。Nゲージを自分の製作した風景の中を走らせると楽しみが増します。

Nゲージ レイアウトはこちらが参考になります。

路線

新幹線のNゲージ鉄道模型

新幹線

鉄道ファンを魅了するNゲージの鉄道模型は、軌間幅が9mmの模型です。実車を忠実に再現し、細部までこだわった作りは展示して観賞用としても実際に走らせても楽しみがあります。様々な車両が販売されていますが、高速鉄道の代表である新幹線は鉄道模型でも人気となっています。

ジオラマ

ラインアップも豊富で、東海道、山陽、九州、東北、北海道、上越、北陸から山形や秋田新幹線などがあります。形式も0系から800系など鉄道模型好きなら全種類集めたい程の魅力ある車両が販売されています。新しい実車が発表されれば、必ずミニチュアサイズが製造販売されNゲージ版も販売開始されます。高い技術力で精密な設計の元で現実に存在している車両と変わらない特徴があり、近年では鉄道模型の中でもNゲージの人気が上昇しています。

縮尺により他には、HOゲージやOゲージがありますがこれらより、コンパクトなサイズなのでジオラマを作りやすいのも魅力です。ただし、新幹線は在来線と異なり車両が長いので小さなカーブは、通過できないのでジオラマ作りをして走行させるには、それなりのスペースが必要となります。更に直線区間を長くする事で実車の様な迫力ある走行が楽しめます。

ジオラマ

コストを抑えて作る

鉄道模型ジオラマは、リアリティーを追求すればするほど費用がかかるのが一般的です。

例えば、トンネルや高架を作るには、専用のキットを購入、プラ板や粘土等を買って自作するといった作り方が一般的です。

そんな鉄道模型のジオラマ作りですが、実は、ちょっとしたひと手間で費用を抑えることができます。

ビル等を作りたい場合、プラ板をモデルショップで購入したりするのですが、結構、お金がかかります。ここで、100円均一ショップ等で売っている、アクリルの板を代用するだけで大幅なコストダウンになります。

また、川辺にある石についても、模型専門店の専用のキットを使うと高くなるのですが、園芸店等で売っている、栽培用の小石を使う事で安く手に入れることができます。さらに、山で使う粘土も、模型店でなく、ホームセンター等で買う事で安く材料が手に入るのでお勧めです。

鉄道模型ジオラマ作りは、DIYと同じです。リアリティーを追求すればするほど、費用はかかりますが、材料の入手方法を見直すだけで、だいぶコストが抑えられます。

お金をかければ、誰でも良いものができて当たり前です。自分独自の工夫で少しでもコストを抑えて作ることの方が、オリジナリティーも出るのでお勧めです。

SL